2017年11月18日

ARESメカボックス配線修理(Mk18)

どうも皆様、MASONです!
今回はMk18の心臓部であるARESのメカボックスの配線をキレイにしてあげようと思います!
2、3年色々な銃の中を渡り歩いてきて配線がボロボロなのです(´ω`)クタビレタゼ...
配線は基盤に半田付けされているので慎重にやっていきます(`・ω・´)

↑恒例のように即メカボックスですw
写真では分かりづらいかもしれませんがバッファーチューブ根元とグリップ根元の配線が
痛んでいます。何箇所か漏電もあり、絶縁テープとマスキングテープで絶縁してあります(^^;;
まずは配線がどのようになっているかしっかり記憶しないといけません。


↑(写真がブレていますゴメンナサイ)
↑基盤には三箇所の半田付けですが、伸びている配線は4本あります(゚ω゚)アレェ?
実はよく見てみると基盤の一番右に配線されている線が分岐しているではないですか…
この部分も忘れずにやっていかなければなりません。
((以降殆ど写真を撮り忘れております!!夢中になり過ぎましたスミマセヌ(;ω;))
ではまず全配線を外していきます。基盤に刺さるように半田付けされています。
配線を外すには反対側にある基盤を外し、半田付けがされている方の基盤を外してから作業することになります
配線を外したらそれぞれの配線と同じ長さで配線を切り出します。
今回は分かりやすいように4本を(赤、グレー、赤白、黒白)4色に分けて配線しました。

↑そこで基盤に配線を半田付けしていくのですが、先に端子を付け、分岐部分を作っていきます。
(手順というわけではなく単純に作業しやすい為です)
圧着工具を使って端子を圧着します。分岐部分は皮膜剥きで途中の皮膜を一部剥いで線を半田付けし、
熱収縮チューブで保護します。

↑このように配線します。配線を間違えない事と、短絡(ショート)しないように気を付けて半田付けします
(グレー:基盤左⇔電源マイナス線、赤:モータープラス線⇔電源プラス線、
白黒:基盤中央⇔モーターマイナス線、白赤:基盤右⇔赤線)

↑配線完了です!では試運転をば!…動かないですと!?配線ミスか!?
それとも短絡?もしかして基盤を焼いてしまったか!?ナンテコッタイ!ピクリとも動きません。
なんでだろう…?と分解してみると…
反対側の基盤が刺さっておりませんでした\(^o^)/マヌケスギィ!
刺したらちゃんと動作しましたw動作快調ですw
皆様、もしやるときはお気を付けください(笑)
では以上です!
またお会いしましょう!  


Posted by FOS  at 12:24Comments(0)M4mk18

2017年11月14日

G36C修繕

どうも皆様、隊長になりましたMASONです!
今回は以前より気になっておりましたG36の修繕をしていきたいと思います。

本当は直す気などさらさらなかったのですが(笑)
先日ナンチャッテドイツ連邦装備を集め始めてしまいましてw
新しく迎えるG3との組み合わせをしたく修繕に至りました(´∀`)
ではまず分解をします。

↑ピンを4本抜く事でここまで工具無しで分解することができます。
さらにそのピンの紛失防止にストックに差し込む穴があります(^ω^)スバラシイ

↑この銃はセカンドオーナー品なのですが、配線が購入時からボロボロでした…(涙)
まずは配線を引き直します。たまたまφ0.5とφ0.75の線が手に入ったので配線引き放題です(笑)

↑配線が引き終わりました。メカボックスをグリスアップしてからやれば良かったと今更気付きました(笑)
配線にもつれながらもグリスアップをしていきますw
使用グリスはZOILグリスと信越グリスです。

↑塗り終わりました。ついでにシム調整もしております。
通電よし、動作よしです!さあ組み込んで…撃てませんね。あら?w
どうやらチャンバーの位置がズレているようです。若干給弾口を削り込む事で解決しました。
例によって写真を撮り忘れております(゚ω゚)ゴメンナサイ
初速計は家族のものなので後ほど測ります。
これで完了です!最後までご覧下さりありがとうございます!
またお会いしましょう!


オマケ↓↓

ありったけのマガジン装着(笑)多段マガジンって溜まるんですよねw
  


Posted by FOS  at 13:22Comments(0)ドイツG36オーバーホール

2017年11月12日

FOSからのお知らせ

大変申し訳ありませんが、ブログ内でのトラブルがあったため
隊長、JACKSONはブログを降板致します。
楽しみにされていた方は申し訳ありませんm(_ _)m
私、MASONから見て目に余る行為があったため縁を切る形となりました。
私はこのままブログを続けていく所存でございますので、何卒よろしくお願い致します。隊長の座に関しては私が代わりに努めさせていただきます。
なお、定期的ではないですが、チームメイトがブログを引き継いでくれると言う事なので、そちらもどうぞよろしくお願い致します!

以上です、代弁で申し訳ありませんが
不快にさせてしまった皆様本当に申し訳ございませんでした。
以降もコメントお待ちしておりますのでご愛顧のほどよろしくお願い致します。 現行隊長MASON  


Posted by FOS  at 22:21Comments(0)

2017年11月12日

MK18オーバーホール

皆様どうも、MASONです!
更新遅れまして申し訳ありません。実は先日母校の文化祭に自衛官と行っておりました(^^;;
次回より書き溜めておきます…w
では本題です。今回はギア鳴りが鳴り止まなかったMk18のオーバーホールをして行きたいと思います!

↑いきなりギアボックスですw
Mk18にはARESのギアボックスを使用しております。
いやぁ、スプリングのクイックリリース機能があると分解が楽ですねぇ。
他で何度すっ飛ばしたことやら…(´ω`)
その代わり、基盤があるのでそちらで神経を使いますけどねw
(壊したりしたら5、6000円です失敗できません…)
分解が終わったら洗浄してシム調整していきます。ギアは交換していませんが、シムの枚数を少し増やしました
以前にシム調整がしっかりできていなかったか、摩耗ですかね。

終わったらグリスを塗布します。使用するグリスはギア用にZOIL金属用消音グリス、シリンダー周り用に
信越シリコングリスを使用します。私はギアは筆で、シリンダー周りは指で塗布するようにしています。
塗布が終わったらちゃちゃっと組んで初速計測です。
ちなみに今回写真を撮りながらで20分程で完了しました。
最初組んでいた頃は軽く3、4時間掛けていたのになぁとしみじみしてしまいました(´ω`)
余計な話でしたねwでは計測結果です。
88.44m/s






88.53m/s




87.31m/s






でした。ギア鳴りも解消されて初速もそれなりに安定してますので大丈夫じゃないかな?w(適当)
ではこの辺で失礼します!
ここまでご覧下さりありがとうございます!
またお会いしましょう(^o^)ソイヤッ



  


Posted by FOS  at 13:20Comments(0)mk18オーバーホール

2017年11月04日

デザートイーグル ダメージ塗装

皆様どうも、MASONです!
今回はDE50の塗装をしていきたいと思います。
ベースにはダメージ部分が黒になるようにしたいのでブラックモデルを使用します。

まずはインディーのダークアースにて塗装していきます。
(寝起きに塗っていたので写真を撮り忘れてしまいましたテヘ ベロ)
やはりインディーの塗料は優秀ですね。先日ホームセンターで購入した¥1000のコヨーテタンのスプレーは
乾いてもベタつく上に匂いが取れないんですよね…塗膜も弱いですし。ちゃんとしたスプレーで塗装することをオススメします…w(L96が犠牲になりました)
さて、では塗り終わったので一度組んでみます。ここでこのままが良ければダメージ加工せずに使う予定でした。


…寝起きだからか塗装ムラが凄い(^^;;これじゃあダメだな…
というわけで500番のヤスリで角を削っていきます。
DEはエッジが多いのでダメージを入れるといい感じになりますねぇ(゚∀゚)


ではこんな感じで完成です!
なかなかいい感じじゃないでしょうか?自分的には結構気に入っております(´∀`)
しかしどの装備に合わせればいいのでしょうw軍には採用されてませんからね…w
後々サバゲーに投入していこうと思います!
ではまたお会いしましょう!
ここまでご覧下さりありがとうございます!


  


Posted by FOS  at 11:58Comments(0)塗装デザートイーグル

2017年10月28日

CYMA MP5HC

皆様こんにちは、MASONです!
今回は本日MP5が我が家に嫁入りしたので早速ひん剥いてしまおうと思います(笑)
まずはメカボックスまで分解します。CYMAはピン二本を抜くだけでアッパーとロアが分解できます。
後はモーターを抜き、グリップ内のネジを外せばメカボックスが取り出せます。

さてご開帳…まあ、そうですよね。いつものエイリアングリスですw
スゴイ臭いがするのでちゃっちゃと洗浄してしまいましょうw

洗浄が終わったらシム調整とグリス塗布をします。
グリスはスーパーゾイルグリスと台湾製シリコングリスを使用します。
台湾製シリコングリスは若干のザラつきがあります。これは使用して大丈夫なのか…?w
パーツはダブルセクターギア、ZCのM130不等ピッチ、ZCメタルティース14枚歯を入れています。


全ての工程が終了したら組み上げて動作チェックです。
やっぱりDSGはセミのレスポンスが上がるというか、シアが落ちる感覚のようなものを感じますね。これは癖になりますw
さらに、今回はちゃんとSBD搭載しましたので安心してセミが使えます!
次のサバゲーが楽しみです!

↓オマケ
写真を撮り忘れましたが89式、HK416、GLOCK22を塗装しました。
部屋の中で塗装したので換気していてもシンナー中毒になりそうでした(笑)
アヘアヘしながら塗った割には綺麗に塗れたんじゃないでしょうか?


ここまでご覧下さりありがとうございます!
写真が少なくて申し訳ありませんm(_ _)m
それではまたお会いしましょう!  


Posted by FOS  at 22:00Comments(0)MP5ハイサイクル

2017年10月17日

HK416D HC

皆様こんにちは!MASONです!
今回はHK416 STD電動ガン ハイサイクルカスタムについて紹介いたします!

ベースはJGのHK416をベースにカスタムしております(*´∀`)♪
ハンドガードをガイズリータイプに交換したのですが、
VFC用を使用した為トップレイルに段差ができてしまいました(´・ω・`)
さらにはレシーバーとハンドガードの繋ぎ目ににあるはずの凹凸が無かったのでハンドガード側の
凸を削るハメになりました…泣

ストック、グリップはMAGUPULに換装←好きすぎですねw
サイトには余っていたDANIEL DEFENSEタイプを使用しております。(DDM4が完成したらお引越しです)
さて、本題の中身ですが、メカボックス内部にDSG(ダブルセクターギア)を使用しております(`・ω・´)
こちらのギアは一回転で2発撃てるというチートじみたギアです(笑)
11.1vを使用しているおかげか、セミオートのキレも向上し、電子制御に引けを取らないといった感じですね。
ですがデメリットとしてスプリングを強くしないと初速が落ちる上にあちこちに負担がかかります。
一応メーカー不明強化ギア、フルメタルティースピストン、メタルピストンヘッドを使用していますが、いつまで持つかは未知数ですw
モーターにはEG30000、配線はテフロン線に交換しているのですが、
重要なSBDが付いておりません!wスイッチが持つか心配です(´・ω・`)<後でつけたろな
サイクル計測は次回の外サバゲーにて計測して参ります( ̄^ ̄)ゞ(家でやると地獄絵図になりますw)
初速は82前後でした。もう少し高くてもいいかな?

チャンバーには守護神のメタルチャンバーを使用しています。押しゴムはまたしてもメーカー不明(笑)
弾道はそこそこ安定していますが、35m前後でばらけてきます。
まあ、室内戦多いからいいかな?w
また、今月末にはMP5にも同じカスタムを施しますので、その際には工程も載せたいと思います。
ここまでご覧下さりありがとうございます!
ではまたお会いしましょう!(`・ω・´)
  


Posted by FOS  at 16:44Comments(0)

2017年10月14日

89式 L96塗装予定!

皆様こんにちは、MASONです!
恐らく連続投稿は今日で最後になります(^^;; (次回の投稿は火曜日になります( ^ω^ ))
では今回は今月末塗装予定の銃を紹介したいと思います。
今回塗装するのはこれです!

89式小銃(銃床 握把 被筒のみ)L96AWS(以前塗ったものを処理済み)GLOCK22 XDM40となります!
実は89式は友人の現役自衛官より買って頂いたものです(笑)
本人に塗装したい旨を伝えると快く承諾して頂きました。ありがたや(*´ω`*)
L96については思い出深く、私が初めて18歳以上用のエアソフトガンを購入した時のものです。
一時の気の迷いで安いスプレーで塗装してそのままになっておりましたw
救済措置として今回塗装ようと思います。この銃は先日塗装を落としたばかりなのでいつでも塗れる状態ですねまさに全裸待機ですw
ハンドガン二丁は塗料が余ったらフレームのみ塗装しようと思います(`・ω・´)

塗料にはインディのコヨーテタン(左)トップコートにはアサヒペンの高耐久ラッカースプレー(つや消し)(右)
を使用します。
下地にミッチャクロンなどがあればなお良いのですが、今回はおさぼりさせて頂きます(笑)
本当はコンプレッサーとスプレーガンを使って塗装したいのですがどうもコンプレッサーの調子が悪く、今回はスプレーでの塗装になります(´・ω・`)
恐らく塗装の工程や、完成品は10/28の投稿になります。興味のある方は是非ご覧くださいm(_ _)m
最後までご覧下さりありがとうございました!
ではまた次回お会いしましょう!

チームご参加お待ちしております!  


Posted by FOS  at 07:00Comments(0)自衛隊89式l96塗装

2017年10月12日

重量級ライフル、M14EBR

どうも皆様、MASONです!
今回は余り持っている人を見かけないM14EBRを紹介いたします(´ω`)
FPSなどでも有名な銃ですので知っている方は多いはず。ですが簡単に説明させて頂きますと、
近頃の戦争では中距離戦闘が多く、M4カービンなどの小口径ライフルでは充分に威力が発揮出来ない事が増えてきました。
そこで注目されたのがスプリングフィールドアーモリー社のM14でした。
ですが、近代戦においては少し古いため、改修して使用しようという目的でSAGE社によって作られたのが
M14EBR(enhanced battle rifle)という訳です。
では前置きはさておき、本題に入りましょう( ´∀`)

こちらはJingGong製のEBRになります。本体重量6kg越えですw今のフル装備だと7kg程になりますw
目立つところのカスタムは、ノーブランド(以降NB)ハリスバイポット、NB255mmサプレッサー、NBマグプルを装備しております。
ストック伸縮は五段階調整、チークライザーは上下無段階調整できます。
もちろん、オペレーティングロッドはフルストロークで引くことができます!
引ききり離すとジャキーン(`・ω・´)と、とてもいい音がします(笑)癖になりそうですが、
意外と壊れやすいので注意しましょう…(3本目)
マガジンはマルイ互換ですが、マガジンキャッチを少し削る必要がありました。
内部はまだ未調整ですが、インナーのみMADBULL ブラックパイソンに交換してあります。
命中率はそこそこいいですね、調整すればもう少し良くなりそうです。
バッテリーはハンドガード内に収まります。小さめのバッテリーでしたら大抵入ります(*´∀`)♪

レシーバーはSPRINGFILD ARMORYの刻印が欲しかったため、○イより移植しました。
○イの堂々とした刻印は米軍の識別シールにお仕事して頂いて隠れておりますw

スコープはREAPERSの実物スコープにGEISSELEタイプのマウントを使用しております。
(本当はこのスコープにこのマウントは使用できないので注意!)
大分削って載せる羽目になりました…皆様はマウントを別途購入する際はお気をつけ下さい…(涙)
スコープはかなりクリアで使いやすいです!赤、青、緑の発光、1〜4倍になっております。

ライトはエレメント製のsurefireタイプですね、意外と明るくてGOODです!
気付いてしまったのですが、EBRのハンドガードに切り欠きがあって、
そこにリモートスイッチがぴったりなんですよねw(常識なのかな?)
ではこれ以上は長くなりすぎてしまうので、オーバーホール時にまた紹介いたします(^^;;
ここまでご覧いただきありがとうございました!
また次回お会いしましょう( ̄^ ̄)ゞ

チームご参加お待ちしております(`・ω・´)






  


Posted by FOS  at 07:00Comments(0)米軍M14M14EBRMK14

2017年10月11日

KSC SIGP226R HW

皆様おはこんばんにちは!週二回と言ったはずなのに更新しまくりのMASONです!
恐らく来週あたりから週二回になると思います(^^;;(確証はありません(笑))
昨日の晩、サバゲーの熱が冷め切らず部屋でP226を弄っていたのですが、
(そういえばこのSIGってヘビーウェイト樹脂だったよなぁ…)
※(HW樹脂とは樹脂の中に金属を混ぜてある特殊素材です)と思い出しまして、ふと思ってしまったのです。
「コレ磨いたらカッコよくね!?」やりたくなったら止められませんw
という訳で、ダメージ加工を施していこうと思います。

最初はこんな感じ。軍で使ってる〜と言うよりはディスプレイされているモデルの様にピカピカです。
これではいかん!(`・ω・´)

サンドペーパーは1300番を使って磨いていきます。
ちなみにこのサンドペーパー、非売品で親の会社にメーカーさんが持ってきて試供品として頂いたものです。
そのメーカーさん自体が無くなってしまったため、販売前に手に入らなくなってしまいました(´・ω・`)
スポンジの様な持ち手の方にベルクロのオス、ペーパーにメスが付いていて交換して使うことができます。
あら便利。

話が逸れましたが、磨いていきます。
スライド、フレーム共に磨いていくのですが、実際に使用して擦れた様にしたいのでエッジの部分を重点的に磨いていきます。
…実銃ってどれくらい擦れるんだろう…wUSPやグロックは実弾射撃で触ったことがあるのでそれを参考にしてみます(´ω`)


おぉ!意外といい感じじゃないですか!写真では分かりづらいですが、だいぶ違いますねぇ。
実銃用グリップと相まって実銃感がバリバリです!(笑)
若干上部を磨き過ぎた気がしますが、まあいいでしょうw
参考になるかは分かりませんがHW樹脂の銃をお持ちの方は是非お試しください(`・ω・´)
ご覧になってくださった皆様、ありがとうございました!
チームメイト、絶賛募集中です!コメントお待ちしておりますm(_ _)m
ではまた次回お会いしましょう!( ̄^ ̄)ゞ

  


Posted by FOS  at 07:00Comments(0)ガスブローバック米軍P226